FC2ブログ

神楽坂女子倶楽部ニュースレター 『【脱!ゴリラ女子!!】美しくカッコよく人生を楽しむ! ~女性のための背骨コンディショニング~』

神楽坂女子倶楽部ニュースレター
『【脱!ゴリラ女子!!】美しくカッコよく人生を楽しむ!
~女性のための背骨コンディショニング~』

こんにちは。
背骨コンディショニング協会インストラクターの、本多ちひろです。

前回は歩き方について一言物申す回になりました。
どんなにいい服着ても歩く姿勢がどうしようもないと、
本当にみっともないんですよ!そこの貴方!

さて、
今回こそ!『花粉症に対しての背骨コンディショニング的改善』をお届けします。

花粉症もいろいろあります。
スギ、ヒノキ、イネ、ブタクサなどなど…
くしゃみや鼻水、人によっては発熱や肌荒れなど、
様々な症状を引き起こします。

現代医学では対処療法しかないこの症状に対して、
背骨コンディショニングからのアプローチ。

今から始めれば、来年はかなり楽になるかも?!

///////////////////////////////////////////////////

素敵な女性になりたいゴリラ予備軍の御嬢さんたち、ごきげんよう。

ゴリラになりつつある貴方も、
すでにゴリラの貴方もご覧になって頂戴。

今回こそ、『花粉症に対しての背骨コンディショニング的改善』のお話よ。

花粉症、大変よね。
この時期、外へ出るのにマスクしてない人を探すほうが大変ってくらい。
くしゃみや鼻水、発熱とか肌荒れ、のどの炎症とか、
人によって結構症状もいろいろみたいね。

知り合いの花粉症持ちは、スギ花粉のこの時期は特に最悪で、
病院でもらう薬も効かず、
あまりのひどさに、会社を一週間以上休むこともあるらしいわよ。

そうなのよ。
花粉症の原因は、実は現代医学でもはっきり解明されていないの。
病院でもらう薬も、あくまで対処療法でしかなく
『とにかくその場の症状を抑え込む』ものでしかないってこと。
根本治療・根本解決じゃないってところがネックなの。

つまり結局、問題を先延ばしにしてるだけなのよ。

花粉の季節になるたびに憂鬱な気持ちで薬を買い求め、
春の陽気の中、ゴーグルのような眼鏡をかけマスクしてお出かけ。

なんか全然面白くないわ!!!
ぜんっぜんおしゃれじゃない!!!

というわけで、花粉に翻弄されている迷える子羊を一人でも多く救うべく、
早速本題に入ろうかしらね。
今回注目すべきは胸椎。
th1-12.jpg

あなたたちの身体、心臓の前のところ
…この時点で心臓がどこにあるかわからないって人、いないわよね?
心臓の前部分に、胸腺があります。
胸腺は免疫系をつかさどる、リンパ球の司令塔的な器官で、
ここににつながる副交感神経が、胸椎の3番~5番からでる脊椎神経とつながっています。
姿勢が悪くなったりとかで、胸椎が変位することにより、
胸腺への神経の異常伝達が起こり、胸腺が誤った命令をリンパ球等の免疫細胞に出すことにより、
花粉症やアレルギーの症状が出ると、背骨コンディショニングでは考えています。

…わかるかしら?

箇条書きにすると、

猫背とか姿勢が悪くなったりとかで胸周りの背骨が歪む

胸腺の神経の伝達が悪くなる

胸腺からリンパ球や免疫細胞へのの命令がおかしくなる

外部刺激に対して、やたら過剰に反応してしまう

花粉症・アレルギー ←今ココ!!

簡単にいうとこう。

最初にも言った通り、
現代医学では花粉症の原因ははっきり解明されてないけど、
背骨コンディショニングで胸椎3~5番を整えることにより、
『毎年この時期は重装備でないと外へ出れなかった』
『ひどくて夜も眠れない』というひとでも、
症状が改善されている人が沢山います。

この胸周りの背骨(胸椎3~5番)は気管支や肺への神経も集中しているので、
そこをゆるめて整え、良い状態をキープするため、
菱形筋や脊柱起立筋群のトレーニングをすることにより、
症状はかなり改善されます。
c-th.jpg


よく『一回受けただけでよくなるんですか?』という質問を受けることがあるの。
それは個人差があります。
なんでか?

一つは背骨や関節の固さ。
一つは筋肉があるかないか。

ちょっと厳しいことを言わせてもらうなら、

いままで放置してきた己の身体を、
他人の手でだけで一発で治ると思っているのが浅い知恵なのよ!

確かに、矯正(背骨を一つずつ元の位置へ戻す手技)で良くなります。
その矯正も、本人の身体の固さや症状により、できる範囲が変わります。
固い状態の身体では、矯正で動かすことができません。
たとえ矯正して一回で良くなったとしても、
それをキープできる筋力がないと、また悪い状態へすぐに戻ります。

一番大事なのは、本人の努力です。

ゆるめ体操(ROM運動)をしてカラダをゆるめて、
筋トレをして必要な筋肉をつける。

そして矯正で整える。

数年後、どういうカラダでいたいですか?
数年後、健康で元気に動けるカラダでいたいか、
家族や大事な人とどう過ごしていきたいか。

いま軽く考えている症状も、放っておけば数年後大変な問題となってきます。

この機会に、ちょっと考えてみてもいいかもしれませんよ。
スポンサーサイト



コメント

Secret

最新記事
プロフィール

本多ちひろ・SORA

Author:本多ちひろ・SORA
FC2ブログへようこそ!

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR